ぶぢょほ饅頭

岩手の食べ歩き大百科という本に載っていたぶぢょほ饅頭。
一口で食べなければ、中の黒蜜がはねて「不調法する」ということからなずけられ、午前中でも無くなることもあるので早めに来店をと本に書いてあり。ずっと気になっていて昼過ぎに3回ほど買いにいったことあるんですが、毎回閉まってて・・
ますます食べてみたくなり、今日の11時から美容院に行く予定だったので早めに出て買いに行ったら開いてました!!
小さなお店でおじさんが一人で作っているそうです。
すごく親切なおじさんで、きりせんしょやいろんな試食をくれたうえにぶぢょほ饅頭を1パックおまけでくれました。

ぶぢょほまんじゅう物語
毎度ありがとがんす。ぶぢょほまんじゅうは、陽月ぶぢょほ本舗の登録銘菓でがんして、おらほにすかながんす。米の粉ば、いっしょうけんめいこねで、まねっこのできねぇしなみっこど、味っこをだし、中に黒蜜っこをいれ、うえにクルミっこを乗せやんす。歯ざわりっこがよぐ、味っこが口いっぺい広がりやんすな、とおほめっこいただきやんす。蜜っこがプチュッとはねで、不調法するときもありやんすが、お許るしぇってくなんせ。ぶぢょほまんじゅうと言いやんすからなっす。きょう中に食べてくなんせ。  店主敬白

方言で書かれた素朴なチラシもよかったです。

不調法しないように食べました。すごくおいしかったです。
陽月菓子舗 盛岡市八幡町6-6 営業時間9時~売り切れるまで 不定休 ぶぢょほ饅頭 小70円 大130円
e0102439_1732815.jpge0102439_1742421.jpg
[PR]
by momo36392000 | 2006-11-22 17:06


<< ワイン会 足湯 >>